本文へ移動

オールケア・グループとは

私たちオールケア・グループは、「人のお役に立つ」という想いのもと、重症心身障がい児や医療的ケアが必要な方を積極的に担当させていただいている事業所です。近年、新生児の救命医療の発達により、尊い命が数多く救われるようになりました。その一方で、「救われた命」が地域で生活する受け皿となる「障がい福祉サービス」の整備が追いつかず、国の課題となっています。その課題に真摯に向き合っているのが私たちです。

仕事内容

当社のご利用児は療育のみならず、医療・介護の支援も多く必要とされる方々です。そこで、保育士・介護士・看護師・療法士が連携し、各専門性を活かしチームとして支援をしております。さらにスタッフ自身が「明るく、楽しく、素直に生きる」ことを基本信条とし、ご利用児の豊かな心を育み寄り添う支援をしております。

1日のスケジュール

年間行事

職員インタビュー 01 樋口 由貴 株式会社オールケア大日(放課後等デイサービス)

Q.仕事内容を教えてください。
株式会社オールケア大日の放課後等デイサービスで保育士をしています。子どもたちが到着するまでは、壁の飾りを作ったり、行事の準備などをしています。子どもたちが到着してからは、絵本を読んだり、レクリエーションのリーダーを担当するなど、その日の活動内容によって対応しています。こどもたちと関わることは、保育園や保育所と変わりはありません。
 

Q職場の雰囲気を教えてください。
スタッフみんながムードメーカーで、いつでも楽しい雰囲気です。とても居心地がよくて、毎日笑って過ごすことができる職場です。

 
Q.入職されてから、OJTで感じたことをお聞かせください。
今思えば、当時は先輩に的外れな質問をしていたと思うのですが、ひとつひとつ丁寧に答えてくださいました。何か失敗をしたり、不安なことがあっても、フォローしてもらえる先輩がいるということが心強かったです。
Q.オールケアってどんな会社ですか?
スタッフの得意なところを伸ばしてもらえます。みんなで相談し合ってお互いを刺激し合い、成長できる会社だと思います。

Q.求職者の方へメッセージ

ひとりひとりが思い描く「保育」は違うと思います。自分自身の保育スタイルを見つけ、確立できるように、楽しく働くことができるところを見つけてもらえればよいなと思います。

職員インタビュー02 間舎未奈実 株式会社オールケア守口(放課後等デイサービス)

Q.仕事内容を教えてください。
保育士としてオールケア守口の放課後等デイサービスで働いています。絵本を読んだり、手遊びをしたり、体を動かしたり、ピアノで歌を歌ったり、保育士としての仕事内容は一般的な保育園の保育士さんとほとんど同じです。オールケアに来る前、私は認定こども園で保育士をしていました。その時と違うのは、子どもたちに重度の障がいがあるということ。会話でコミュニケーションができるのはほんの数人です。ここでは保育の仕事以外にも必要に応じて食事介助や排泄介助、移乗などの介護業務も行っています。
 


Q.前職との違いに戸惑いはなかったですか?
確かに最初は勝手も違いますし、覚えることだけに必死な時期もありましたが、2年目になって余裕ができ、だいぶ周りを見渡せるようになりました。例えば、前職では泣いている子どもがいたとして、その時の対応ってある程度マニュアル化されていたんですね。泣いている原因がけんかだったら双方の話を聞いて、先生と交えて遊ぶといった感じです。でもここではマニュアルなんて通用しない。発語ができない分、サインでやりとりをしたり、より一人一人の子どもと向き合えるようになったことにやりがいを感じますね。
 
Q.仕事で感動したことは何ですか?
子どもたちの成長を間近で感じられることですね。成長のスピードに差はありますが、みんな着実に「できること」が増えていっています。歌を歌うと身体を揺らすことができるようになったり、手遊びをしたら手でポーズができるようになったり、こちらの質問を正しく理解できるようになったり、レクリエーションを通じて子どもたちの成長に気付くことが多いですね。また、それらを写真に撮ってお母さんにお渡しすると、とても喜んでいただけるのでうれしいですね。
 
Q.オールケアってどんな会社ですか?
とにかく明るい! どこの事業所、どこの部署に行っても笑顔があふれている楽しい職場です。年齢や経験に関係なく、どのスタッフでも平等に関わることができるのも良いところですね。私自身、思い切って転職してきたわけですが、今はオールケアの一員になれて本当に良かったと思っています。
企業主導型保育とは、企業が従業員の働き方に応じた柔軟な保育サービスを提供したり、地域で保育園に入れず、仕事復帰ができない方が利用できる施設です。

私たちオールケアジュニアは働くお父さんお母さんのお役に立ちたいという想いでできた保育園です。12名定員と小規模ですが、家庭的なあたたかい雰囲気の中で関係を深め、子どもたちが安心して過ごせる環境をつくることによって、お父さんお母さんが安心してお仕事に向き合えるよう、私たちも気持ちの良い笑顔で保育を行なっております。


オールケアジュニア(企業主導型保育)のページはこちら

職員インタビュー03 森山愛理 オールケアジュニア

Q.仕事内容を教えてください。
保育業務全般です。オールケア・グループで働いている方のお子さまや地域のお子さまを対象として、6ヶ月~2歳児のお子様をお預かりし、保育を行なっています。子どもたちが保育士やお友だちと関わる中でさまざまなことを経験し、感情豊かな心が育つよう、日々の言葉掛けや遊びの工夫、食事の楽しさを味わえるよう保育をしています。


Q職場の雰囲気を教えてください。
小人数なので、全員とよく関わることができて、スタッフ間も年齢関係なくコミュニケーションがよくとれています。園全体で、ひとつの家族のような雰囲気です。


Q.仕事のやりがいを教えてください。
お預かりしている子どもたちは、小さなこどもたちなので1日1日の成長がとても早いです。歩けなかった子が、よちよちと歩きだしたと思ったら、お友だちと一緒に走って楽しむようになっていたり、何よりもこの仕事をしていて、やりがいや成長を感じるのは、少しずつおしゃべりができるようになった子どもたちから"〇〇先生"と名前を呼ばれることです。言葉もままならない中で名前を覚えてくれて、一生懸命呼んでくれていると思うと、こどもたちと過ごす時間の大切さや信頼関係の大切さを身にしみて実感します。



Q.求職者の方へメッセージ
初めてこどもたちが、お父さんやお母さんとはなれて過ごす場所が保育園です。不安いっぱいの子どもたちを安心させるのが、保育士である私たちの笑顔です。第一に素敵な笑顔をたくさん見せてくださいね。
TOPへ戻る