本文へ移動

私たちが取り組んでいること

近年、新生児の救命医療の発達により、尊い命が数多く救われるようになりました。その一方で、「救われた命」が地域で生活する受け皿となる「障がい福祉サービス」の整備が追いつかず、国の課題となっています。私たちオールケアライフは、その課題を解決すべく、重度の障がいがある人を積極的に担当させていただいている障がい福祉に特化した会社です。
 
医療的ケア児、10年で2倍に
WHO(世界保健機関)が2018年に発表した統計によると、日本の新生児死亡率は0.9%と世界最低水準。NICU(新生児特定集中治療室)で多くの命が救われるということは、退院後の日常生活で人工呼吸器による酸素吸入や胃ろうなどの経管栄養が必要な「医療的ケア児」と呼ばれる子どもが増えていることも意味しています。厚生労働省の推計では医療的ケア児は2016年には全国で1万8千人と、約10年で2倍に急増しています。医療的ケアが必要な子どもは一般の保育園に預けることは難しく、そのために親が仕事を辞め、24時間365日つきっきりで見守らざるを得ないケースもあります。地域に戻ってきた医療的ケア児(者)に対する障がい福祉サービスを提供する受け皿が追いついていないのが現状です。
 
オールケアは医療的ケア児(者)を積極的に受け入れています
そんな社会的背景の中、「重度の障がいがある人とそのご家族のお役に立ちたい」との想いで2003年に創業した会社が私たち、オールケアライフです。「他の施設で断られた、行き場のない医療的ケア児(者)を受け入れる」という強い信念の元に、現在では北河内・北摂エリアを中心に15の事業所(そのうち公設民営3拠点)を構え、千人を超える契約者様にご利用いただいています。なぜ、他の施設ができないことをオールケアができるのか。それは「医療的ケア」を行える専門職スタッフの育成に力を注いでいるからです。2012年の法改正で介護職員でも一定の研修を受講することでたんの吸引や経管栄養などを行うことができるようになりました。そこで私たちは積極的に人材を採用し、看護師だけでなく介護職、さらに未経験のスタッフでも「医療的ケア」が提供できるよう人材を育て続けています。
 
福祉で高収入・好待遇を実現
一般的に介護職は4K(きつい、汚い、危険、給料が安い)と言われ、慢性的な人手不足が課題となっています。そんな状況でも私たちは「人のお役に立ち、ありがたく対価をいただく」と民間ならではの努力主義を貫徹することで、業界トップクラスの高収入・好待遇を実現しています。
 
困っている方のお役に立ち、人格が向上できる仕事
私たちのお仕事、障がい福祉サービスは常に"人"をお相手にさせていただいています。人対人の仕事を通して日々当たり前にある全てのものに感謝できたり、人生を前向きに生きることができたり、当社事業所の仕事には人格向上のきっかけになることがたくさんあります。私たちが目指していることは大きく2つあります。1つ目は「多くの人々のお役に立つこと」。2つ目は「人格を向上すること」です。
 
 
 
 
オールケアライフ
大阪府守口市本町1丁目6番13号
TEL.06-4397-7890

01.障がい者居宅介護
02.障がい者重度訪問介護
03.障がい者移動支援
04.障がい者行動援護
05.障がい者同行援護
06.障がい者生活介護
07.放課後等デイサービス
08.児童発達支援
09.障がい児・者訪問看護事業
10.訪問介護
11.介護予防訪問介護
12.計画相談支援
13.障がい児相談支援
14.居宅介護支援事業
15.介護職員養成研修事業

 
2
5
3
7
4
0
TOPへ戻る